バスを全く利用しない人が初バスの時には・・

バスは「毎日利用する人」と、「全く利用しない人」に大きく分かれる乗り物ではないでしょうか。「毎日利用する人」は立ち振る舞いもスムーズで両替から支払まで何の問題もありません。これが「全く利用しない人」が、いざ利用しようとした時に様々なハプニングを巻き起こします。特に大きなローターリーで行先によって、乗り場が違う場合は大変です。なぜかしらバスの路線地図って最初からわからないと決めつけてしまい、どこに並べばいいのか迷うのです。目的地によっては様々なバスがそこを経由します。いかに早く目的地に着くにはどうしたらいいかを瞬時に判断する力も必要です。並んでらっしゃる方に「ここに止まりますか」と聞くものの「わかりません」と言われ、最終的には運転士にこわごわ尋ねるのです。何とかして乗車したものの次は支払です。乗車前に運賃を支払う会社もあれば、降車時に支払う会社もあります。乗車前に支払う場合は一律運賃ですが、降車時の場合は定期やパスでない限り、必ず乗車時に整理券を取り、運賃掲示板に示された整理券に記された番号を確認し、かかった運賃を降車時に払うのです。もちろん目的地が遠いほど運賃は上がっていくので、絶えず財布の小銭を確認し無い場合は両替をしなくてはいけません。それも、走行時は危険なため停車時(信号待ちなど)に行います。次の信号が止まったら両替にと気構えて行動します。大きなお札は使えません。必ず千円札はスタンバイしておきたいものです。終点まで乗車する場合は一番最後に支払いを済ませればいいのですが、途中の停留所でモタモタ支払いをしていると乗客の皆さんの視線がたまりませんので気をつけたいものです。